公平なプレー

  1. トップページ
  2. あなたの疑問に答えます
  3. プレーは本当に公正ですか?

更新 15.07.11 | 公開 07.08.20

スマホで遊ぶオンラインカジノ・その2

なかでも人気でおすすめのオンラインカジノはウィリアムヒルカジノです。 ロンドン証券市場で上場しているイギリスでは有名なブックメーカーであるウィリアムヒルが親会社です。とくにオンラインカジノ業界でも取得ば難しいとされるジブラルタル政府のライセンスをもっています。そういった点を鑑みても、非常に安心感のあるオンラインカジノだということができるでしょう。 24時間体制の日本語サポートがついているので、なにか疑問点が生じればすぐに日本語で問い合わせることが可能です。またスマホにも対応していますから、スマホで気軽にオンラインカジノを楽しみたいという方にも向いています。クレジットカードで入金可能なので、オンラインカジノを利用するための口座などをもっていなくても大丈夫です。ボーナスなどのお得なプロモーションも充実しています。初回入金ボーナスは150%と大きいですし、スロットゲームに関しては高回数のフリースピンがプレゼントされたりします。出金制限のあるオンラインカジノも多いのですが、ウィリアムヒルではそういったこともないのでストレスがありません。オンラインカジノ初心者はもちろん、ハイローラーの上級者も楽しむことができる設計になっています。

ウィリアムヒルではプレイテックのゲームが取り扱われています。 このプレイテックのゲームは当たりが大きく、ゲームのクオリティーも高いということで知られています。なので飽きることなくプレイすることができます。 プレイテックのゲームを扱うオンラインカジノのなかでもウィリアムヒルは規模が大きく、扱っているゲーム数も多いです。 またすべてがブラウザゲームとなっているので、ソフトをダウンロードする手間もなく遊ぶことができます。こういったところもウィリアムヒルカジノが人気な理由となっています。もちろんスマホからもインストール不要で遊ぶことができます。 バカラやスロットなどスマホでも定番のカジノゲームは一通りプレイすることができるようになっています。

オンラインカジノで快適にプレイするためには、入出金のスピードというのもとても大事なポイントになってきます。そしてそういった点で大変優れたオンラインカジノが、bet365カジノというところになります。 bet365カジノでは独自のシステムによって高速の入出金を可能にしています。とくにネッテラーを使って出金をすればほんと2、3分で出金することができます。ネッテラーを利用してプレイするのがおすすめです。 プレイテックのブラウザゲームも採用しているので、ダウンロードしなくても遊ぶことができます。ただしダウンロードをすればNETENT社やMicrogaming社といった大手ゲームメーカーのカジノゲームもプレイすることができるようになるので幅は広がります。 プレイテック系は非常に人気が高いのですが、導入するのが簡単なために、あまり優良でないところも扱いがあります。なのでプレイテックのゲームで遊びたいというような場合には、このbet365カジノのような信頼性の高いオンラインカジノを選ぶようにするといったことが大事になります。 とくに高額賞金を狙いたいという方におすすめなのがプログレッシブジャックポット搭載のスロットゲームです。 bet365カジノのアカウントひとつで、カジノゲームだけではなくブックメーカーなどもプレイすることができます。 ブックメーカーのサービスもとても人気が高いのがbet365カジノの特徴です。ライブでスポーツ観戦ができるサービスも提供しています。

公平なプレー

 オンラインカジノに不安を持つ人の多くにソフトウェアの信用性に疑問を持つひとが多く見られます。
 要するに「負けるように設定されたインチキなゲームではないだろうか?」といった不安です。
 これは当然のことでしょう。
 インターネットで実際にお金を賭けて行うギャンブルならその公平性に疑問をもたれるのも当然といえます。

 ソフトウェアの不正に関しては「まったくない」とは言い切れませんが、当サイトで紹介しているような大手のカジノソフトウェアではその心配は皆無と言ってもいいでしょう。
 大手のオンラインカジノやそのソフトウェアでは、会計事務所やソフトウェアの検査機関等の外部第三者機関の厳重な監査・監視を受けており、その最新レポートを常に公表しています。
 これらはライセンス規定に基づいたことであり、厳しい規定をクリアしなければオンラインカジノの運営は行うことができないのです。

 また、常識的に考えても、すでに世界に関する大手企業であるオンラインギャンブルの運営団体がそのような不正をすることによって一時的な不当な利益を挙げたとしても、もしも不正がばれたときのリスクの高さから考えてもその危険性は皆無といえるでしょう。

∴ページトップに戻る∵