オンラインカジノのゲーム

  1. トップページ
  2. あなたの疑問に答えます
  3. ゲーム紹介

更新 15.07.11 | 公開 07.08.20

オンラインカジノで儲けた場合の注意点・その2

オンラインカジノをプレイして、大金を手に入れることができたとしても、それは全て受け取れるわけではありません。すべての手数料を差し引いて支給されることと、将来的にもう1度取られてしまうことを知らなければなりません。もしオンラインカジノで高額的中を行った時に、どのような対応をしていけばいいのかを知っておくと、そのために必要なお金を残すことができるようになります。

○税金の額によってはさらなる支払いも待っている

確定申告によって、オンラインカジノからもらった金額から税金を支払いすることに成功しても、更に支払いをすることが待っている可能性もあります。それは住民税のことで、金額が多くなっていると、追加で4回分支払うことが求められることもあります。沢山もらっている以上、住民税がその分だけ支払の対象となっているので、もし金額が多くなっている際には気をつけておかなければなりません。無視していると滞納扱いとなり、延滞金の支払いもプラスされることとなります。あまり住民税に適応される金額が無いと思われているなら、これは考えなくてもいいことですが、住民税の対象になるくらい稼ぎを持っている場合は、当然支払いをしていかなければなりません。そして、オンラインカジノ側からもらった金額を、更に支払うことになることを把握して、使い過ぎないようにしてます。沢山もらっている場合は、その分だけ支払いが出てしまうことを想定して、残しておく金額を作っておかないとダメなのです。サッカーくじや宝くじのように、くじ形式で販売されているものについては、税金が免除されることになります。しかし、オンラインカジノはくじではありませんから、競馬などのように税金の支払が出てしまうこともあるのです。大金を手に入れて喜んでいるだけではなく、その後に何かを支払わなければならないことを想定して、用意しておくことも非常に大事になってきます。出来ないと後から混乱したり、更なる悲劇も待っています。

○税金免除に使えるものを活用しよう

もし大金を稼いでいる場合は、オンラインカジノからもらった金額で、税金を免除できるものを活用することが望ましいです。何かを購入したり、寄付金などによって支払いを免除させておけば、負担を減らすことが出来ます。意外なことですが、ふるさと納税のように簡単な方法を活用することで、税金をかなり減らせるようになるケースもあります。上手く使って、税金で取られる額を減らしておくことが望ましいです。そのまま支払いをするくらいなら、オンラインカジノからもらった金額で、税金から外しても良い金額をたくさん作ってしまうのです。この方が安心して支払いをすることが出来るだけでなく、オンラインカジノからもらった金額が更なる得に繋がることもあります。何かプラスとなるようなものをしっかり得ておくことによって、自分が得をするように工夫しておくことが、オンラインカジノとの良い付き合いには大事です。喜んでいるのは、当たった時だけにしておくといいです。その後は頭を使って、どうやったら税金分を減らしていけるのかを検討することとなります。特に1000万円クラスのジャックポットを当ててしまった場合は、それだけ減らすことがかなり大変になっているケースも多いので、オンラインカジノを利用する場合は何に使うかも想定しておくといいかもしれません。

オンラインカジノのゲーム

 オンラインカジノにはマカオやラスベガスの実際のカジノにあるような有名なカジノゲームはそのほとんどが用意されています。

 ブラックジャック、ビデオポーカー、ルーレット、バカラ、クラップス、キノ(ケノ)、レッドドッグ、レットイットライド、各種スロットマシン、パイゴウポーカーなどです。
 さらに、オンラインカジノだけにしか用意されていないゲームもあります。

 それぞれのカジノソフトによって特徴が違い、ルーレットやポーカーを友人とチャットしながらプレイできるマルチプレイヤーモードが用意されていたり、ライブ中継で実際のディラーと対戦できるライブディラーが用意されていたりします。
 一番人気があるスロットマシンには多くの種類が用意されており、数億円もの当たりが出るプログレッシブジャックポット機能やボーナス機能等、様々な機能でプレイヤーを楽しませてくれます。

∴ページトップに戻る∵