入金方法のご紹介

  1. トップページ
  2. 入金方法のご紹介

更新 16.03.14 | 公開 07.08.20

ラスベガスとマカオ

遊びに行くならゴージャスな雰囲気のところに行きたい、と思う人が多いと思います。特に日本から4時間程度で到着するこの世の楽園といえばマカオでしょう。食事も美味しいし、香港も目と鼻の先です。ポルトガルの植民地だったということもあり、その面影がある歴史的建造物が複数あり、なかには世界遺産に登録されたものもあります。日帰りでいくには少しキツイかもしれないですが、1泊もすればだいぶ楽しむことができる観光地です。なにしろ澳門の総面積はそれほど広くないので短期間の滞在でも十分観光名所は見学可能です。 また、この地域はエンターテインメント産業が盛んであることで有名です。アメリカのホテルチェーンがこの地域に進出してきており、サーカスなどのショーをしてくれるのも知られています。無料でそれらのショーは見学可能になっているので、あまり交通費意外にお金を使いたくないと考えている人はそうするのも良いでしょう。お腹が空いたら澳門名物のエッグタルトを食べてみるのも手です。カスタードクリームをベースにしたポルトガル由来のお菓子で、この地域を代表する食べ物とも言われています。飲茶が食べたくなったらフェリーに乗って香港にまで向かえば1時間で到着しますし、フェリーは24時間運行されているのでいつでも移動できるというのは安心できます。

マカオといえばカジノ、と考える大人は多いと思います。欧米の落ち着いた感じのカジノとは違って、わずかな金額を大金にするために来ている人が少なからずいるので、テーブル席などでギャンブルしている人を茶化すようなことは間違ってもやめておきましょう。ディーラーも日本の接客業に就いている人よりは、悪く言えばいい加減なところがあるが、ここでは当然のことなのであまり細かいことは気にしないようにしましょう。また、北京語や広東語以外は話せないというディーラーもある程度在籍していると言われていますがが、特に大金を使う日本人客には日本語でコミュニケーションをとれる人がつくことがあるので安心できます。 そこまで大金をギャンブルに使わない、という人は基礎的な英語のコミュニケーションはできるようにしておいた方が良いです。ルーレットなどのギャンブルをするうえで、必要な用語はマスターすれば問題ありません。 注意点を挙げるとするなら、カジノ内はどのエリアも喫煙可能になっているので嫌煙家の人には大変かもしれません。勿論飲酒をしながらのギャンブルも当たり前のようにできるようになっています。カジノの運営者としては、騒音のなかで飲酒をしながらゲストがギャンブルに興じてくれればどんどんお金を使ってくれると思われている節がありますが、実際にギャンブルが好きな人にとってもカジノにとってもそれは幸せなことと言えるのかもしれません。アジアでギャンブルをするといったら、現在のところはマカオがベストなので賭け事が好きな人は一度行ってみる価値はあると言えます。

ラスベガスであってもソウルであっても、カジノの周辺というのはお金に困っている人が多くいるものです。なので、世界中どのカジノに行ってもとりあえずスリ対策はしておきましょう。因みに、ラスベガスは他のどの地域とも違って空気が非常に乾燥しているので、水分補給は忘れないようにしましょう。 カジノで遊んでばかりではなく、演劇などがみてみたいと思っているならラスベガスも見逃せません。シーザーズパレスなどの大きなホテルが沢山あり、その敷地は広大です。1日では全ての施設をまわりきれないほど、魅力が満載な所です。ショッピングモールやフードコートも多くあるだけでなく、それらのクオリティは一級品ばかり。アメリカの食事は大したことが無い、と思っている人がいるかもしれないですがそれは間違いと言えます。 大人はカジノで遊ぶことができますが、外国人の場合は1000ドル以上設けた場合は30パーセント税金を支払う必要があるなど、いくつかの税金面でのルールがあるのでそれらは「どうせ儲けられないから、自分には関係ない」と考えるのではなくきちんと把握しておきましょう。知らないでは済まされませんし、後になって申告するように求められると面倒なことになるからです。また、カジノに初めて来た人のなかで意外に多いのが、一晩中ポーカー等にハマってしまうというケースです。長時間とり付かれたようにゲームをする人もいますが、同行者のなかでそのような人がいたらほどほどにするように助言してあげましょう。なぜならそういった人は、日本に帰ってから違法カジノに手を出すというケースが多いからです。ギャンブル依存症は医師による診断が必要になるケースが多いので、くれぐれも人生を台無しにしないように、ほどほどにしておきましょう。 ここでも、カジノのあるフロアではギャンブルをしながらワインを飲んだりシガーを楽しむことも可能です。基本的にカジノで多くの金額を使ってほしいという意図がカジノを中心としている地域にはあるので、飲み物や雑誌などは無料というケースが多いです。スタッフのなかにはスペイン語圏から来た人もいるくらいなので、英語によるコミュニケーションはあまり気にしないでいいといえます。無料の食事は中華からローストビーフまで様々であり、味も格別です。

オンラインカジノで実際にお金を賭ける為には

 当然のことですが日本でカジノを運営・営業することは法律でかたく禁止されています。

 そんな中オンラインカジノが特に何の問題もなく運営されているということは、裏を返せばオンラインカジノの運営母体は日本国内には存在しないということになりますし、 実際オンラインカジノの運営母体は全てアジアやヨーロッパをはじめとした海外に拠点を置いています。
   その為、というよりも皆さんの想像に難くないと思いますが、日本に運営拠点・運営母体がないということはオンラインカジノに対して日本国内の金融機関(銀行等)が使えないということでもあります。

 あまりカジノ等に縁がない日本にいる限りここまで聞いてもあまりピンと来ないかもしれないですが、日本国内の金融機関が使えないということはカジノでプレイする際のチップが購入できないということに繋がります。
 宝くじなら宝くじ売り場に行けば、パチンコやパチスロなら筐体横にお札を入れるなどすれば簡単に儲けの手段(宝くじや玉)を手に入れることが出来ますが、オンラインカジノの場合は国内の金融機関が使えない、つまり 入金や決済が出来ないので、そのままではただゲームとして遊ぶしか利用ができなくなってしまいます。
 例えるなら折角の『打ち出の小槌』がただの槌としてしか使えないのと同じ位、勿体ない事であると言えるでしょう。

 ただ、日本語に対応したオンラインカジノがあるのと同じように、というよりも日本語に対応したカジノがあるにもかかわらず日本から実際のカジノと同様にチップを購入してのプレイが出来ないのでは 何の意味もないので、日本国内で決済が出来なくともオンラインカジノに対して決済を行う方法はきちんと用意されています。
 ここではそんな日本国内からオンラインカジノのチップを購入するための手段とその種類についてご紹介したいと思います。

殆どのオンラインカジノで使えるネッテラー
ネッテラー

∴ページトップに戻る∵

ターミネーターのスロットが登場!!

ターミネーター2のスロットが登場!!

ジパングカジノ
日本語サポートが充実!
究極の24時間電話サポートはジパングカジノだけ!

ジャックポットシティカジノ
圧倒的なゲームの多さ!
300を超えるゲーム数 人気映画のタイアップゲームも多数

ラッキーベイビーカジノ
ジパングカジノの姉妹カジノ
コラボスロット・人気スロットが満載!